商業施設などに組み込まれている大手音楽教室は、間口が広いため入会しやすく手軽にはじめやすいという利点がありますが、どうしても大規模経営であるがゆえの弱点もあります。音楽教室といえど商売なので、大人数を捌かなければならず、一人に対しての精度が薄れます。そこで注目したいのが、個人の音楽教室。小規模経営の場合、一人一人をじっくり見てもらえるという利点はもちろんのこと、商業ビルなどに入っていなければ家賃もさほどかからないため、その結果月謝や入会金がリーズナブルというメリットもあります。また少人数ゆえ、スケジュールの融通がききやすいところが多いのも魅力のひとつ。忙しい方や、少ない人数でまったりとレッスンしたい方は個人の音楽教室も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?ここでは、個人教室の情報収集のコツをお教えします。

サイトで検索・友人からの口コミ

一番多いのはこのケースではないでしょうか?インターネットで、教室が登録されているサイトにてお住まいの地域や周辺の地域を検索して、近くの個人教室を探すというもの。大抵の教室はホームページかブログも運営されているので、まずそこから情報収集するのが良いですね。あとは、既に通っているご友人や知人からの紹介も非常に有益です。実際に体験しているので、その分リアルな話を聞くことができます。また、オマケとして、お友達紹介キャンペーンを実施している教室も多く、それで入会したらご友人のお月謝が割引されて感謝されたり、入会する時の入会金が割引されたりと色んな特典が用意されているため、もしご友人で通っている方がおられたら、まず聞いてみるのも良いでしょう。他にも、市民センターや区役所などに置いている、カルチャーセンターなど地域情報誌から情報を集める、というのも有効です。

演奏家や教室の発表会を見に行く

サイトを探せば、地域の演奏会や無料ライブの情報が掲載されているところが必ずあります。そこを辿って、演奏会をチェックしてその先生の演奏を見てから弟子入り(というと大袈裟ですが)したり、ショッピングモールや地域の多目的ホールなどで発表会を実施しているのを見学して、教室や生徒さん同士の雰囲気を見て入会を考える、というのもありです。発表会では、大抵生徒さんが演奏する前に、「始めて何ヶ月目で、レッスンはこのぐらいの頻度で…」といった説明も入ったりするため、そこでご自分の上達スピードなどを想定して決めるのも良いですね。もちろん、そこでチラシも配布しているでしょうから、その勢いで周囲のスタッフに体験レッスンを申し込んでも良いでしょう。休日のショッピングモールなどでは、オープンセミナー形式で、飛び入り体験を募集していたりもするので、フラッと近所の商業施設に行ってみるものひとつの手です。